日本酒ギフトを送る時に名入れやメッセージを入れる事ができる?

日本酒ギフトの付加サービスとして、贈る相手の名前や伝えたいメッセージをラベルに入れられるところも珍しくありません。
中には、書家デザイナーがラベルに手書きで書き入れるところも存在します。

どんな書き入れができるの

日本酒ギフトの瓶のラベルに書き込みができるサービスをしているところでは、基本的に名前とメッセージが多いようです。
これ以外には、記念日などの日にち、どんな記念日なのか等を書き込めるところもあります。
字数は20文字前後が多いようで、メッセージ自体はありふれたものが目立ちます。
ただ、名前入りでメッセージがついていますと、例えありふれた文章でも贈られた人にとってみますと喜びもひとしおだそうです。
文字の色は黒が多いですが、還暦のお祝いのように赤を使うこともあります。
ラベルの地は白が多く、金箔を散らしたものを扱っているところもみかけられます。

書き入れ方法について

日本酒ギフトの瓶のラベルに文字を書き入れるときには、特殊なフォントを使って印刷する例が多いようです。
フォントというのは、パソコン等の電子機器で文字を扱う時に使う一種の(文字の)デザインのことです。
これには、一般的な明朝体やゴシック体などのフォントを使うより、有名な書家の字を元にした特殊なフォントが使われる方が多いようです。
凝ったところでは、専門の書家デザイナーがひとつ1つラベルに手書きしているところもあります。
この場合には、文章や字体は自由にできますので、贈られる人にとってはオリジナルのラベルとなって、記念としては思い出に残るものになることが多いそうです。
日本酒ギフトのような飲み物を贈った場合には、中身がなくなりますと瓶は処分されるのが普通です。
ラベルに名入れやメッセージを入れて贈りますと、日本酒の中身を飲み終わった後も瓶に価値を感じることからか、瓶がすぐには捨てられないようです。
このようなラベルに名入れやメッセージを入れるサービスでは、購入できる銘柄が限られている場合が多いようですから注意して下さい。
また、価格も少し割高になるようです。

投稿日:

Copyright© 日本酒ギフトをプレゼントする前に読むサイト!相場は?どこで買うのがいい? , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.