日本酒ギフトをプレゼントする際の気をつける事とは?

毎日日本酒を嗜む人の多くは、経済的なことも考えて普通のお酒を飲むことが多いです。
せっかく日本酒ギフトをプレゼントするのでしたら、少し高級な銘柄を選びたいものです。
また、のしをつけるときには表書き(祝や御礼等)にもいろいろありますので、目的に合ったものか確かめるようにします。

格上の銘柄を贈りましょう

日本酒ギフトは、記念日や子供の誕生祝い、退職に際してなど贈ることが多いですが、贈って喜ばれることが第一でしょう。
贈る相手の飲んでいる銘柄がわかっているのでしたら、それに味わいが近い日本酒で少し高級なものにすると、もらった方でも嬉しいに違いありません。
もし、何を飲んでいるのかわからないときには、贈る相手の知人や飲み仲間にどんな日本酒が好きなのか訊いてみるという方法もあります。
いつも飲んでいる日本酒とは一味違うものをプレゼントされれば、喜ばれると共に記憶にも残るでしょう。

のしやラベルについて

日本酒ギフトを贈るときには、のしをつけることもありますし、ラベルに贈る相手の名前やメッセージを書き入れることもできます。
のしの表書きには、祝あるいは祝いという文字を使うことが多いですが、他に御礼、謹呈等もあります。
出産祝い等のお目出度い時には祝でかまいませんが、退職記念のような時には祝ではなく御礼、謹呈を使います。
ラベルに名前やメッセージを書き入れる時には、贈る相手の正確な名前を入れ、贈る目的に合ったメッセージにするよう気をつけましょう。
名前入りなどのオリジナルのラベルで贈られますと、きっと喜んでもらえるに違いありませんが、名前が間違っていたり、場違いのメッセージだったりしては失礼になります。
日本酒ギフトを贈る時には、日本酒の銘柄選びと、のしやラベルなどの外見が不自然でないことの2つに気を使いましょう。
特に、表書きやメッセージは社会人としての常識を試されることにもなりますので、目的に合ったものにしたいものです。

投稿日:

Copyright© 日本酒ギフトをプレゼントする前に読むサイト!相場は?どこで買うのがいい? , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.